紙袋の相場を調べてみました

information

様々なシーンで活躍するローコスト紙袋

様々な場所で大活躍 百貨店や駅ビルで買い物をすると必ずもらうのが紙袋です。紙袋には、ローコストの再生紙を用いたものから、高級ブランドの値段の高いものまでさまざ…

read

紙袋の相場を調べてみました

メーカーに種類が違う紙袋 様々なお店で品物を購入した時に使われる紙袋。この紙袋って1枚いくらするのか、意外にわからないものです。紙袋も本当にたくさんの種類があ…

read

激安の紙袋を注文する時の入稿方法

デザインも自由自在 激安の紙袋を通販サイトで気軽に注文が出来ると言うのは把握していても、実際に、どんな方法でデザインを入稿すれば良いのか悩んでしまうこともある…

read

メーカーに種類が違う紙袋

様々なお店で品物を購入した時に使われる紙袋。この紙袋って1枚いくらするのか、意外にわからないものです。紙袋も本当にたくさんの種類があります。安く済ませようとしたらどうするべきか、いろいろと調べてみました。例えば自分でお店を始めたり、紙袋を頻繁に使う様なお仕事をしたりする時などどういった紙袋を使うのか、参考になれば幸いです。今はネット等で紙袋を専門に扱う業者さんが結構あるので簡単に調べる事ができます。
紙袋は何色か、手提げヒモがつくのか、デザインはどういうものなのかによって金額は様々でした。いくつか挙げてみますと、未晒状態の単色、社名のロゴが一色で一箇所入っている手提げヒモのない紙袋が1000枚発注で概算1枚当たり40円。また業者によって金額も違い、ほぼ同条件で5,000枚発注して35円という激安のところもありました。大手のメーカーさんだと、材質、色、ロゴ、ヒモ、枚数を入力すると1枚あたりの見積もりを即座に出してくれるところがありました。
これがとても便利でして。自分の求めるクオリティと予算をかなり緻密に擦り合わせる事ができます。コストパフォーマンスを重視して考えるなら枚数を多めに発注する事、直接交渉をするなど少し準備と交渉が必要かもしれませんが相場以上の満足感を得られるかと思います。

使い方万能な紙袋

紙袋と言えば昔はデパートや専門店で買い物したときに商品を入れて貰うものでした。紙袋は友人宅の手土産を持参する入れ物に使ったり、ちょっとした荷物の発送に使ったりと意外と使い道があります。ところが最近は買い物で紙袋を貰う機会も激減し、いつの間にか「家に紙袋がない」のが当たり前になりました。
貰うことが出来なければお金を出して買うしかありませんが、紙袋だけ欲しくてデパートで買い物するというわけにはいきません。たくさん必要という人は、買い物などで貰った紙袋だけでは足りません。昔は「紙袋の激安自動販売機」がデパートに置かれていましたがいつの間にか見なくなりました。そこでネット通販の出番です。今やなんでもインターネットで注文できる時代、紙袋も買うことが出来るんです。
薄手のシンプルな紙袋なら100枚で1500円前後から、デパートで貰うような厚手の立派な紙袋は10枚で2000円前後から売られていますが、大量に注文すれば1枚あたりの価格が激安になります。またネットでなら自分の欲しい紙袋をオーダーメイドすることが出来ます。紙の種類はコート紙、晒クラフト、茶色クラフトなどから、サイズも最も小さなSSSサイズから大きなLLサイズまで、持ち手も選べます。さらにエンボス、浮き出し、マット加工などのオプションもあり自分好みの紙袋が作れるのが嬉しいです。自分だけの紙袋にギフトを入れて贈ればきっと相手も喜んでくれますよ。

recommended news

激安の紙袋と普通の紙袋の違いについて

激安でも丈夫な紙袋 紙袋の中には、非常に価格が安い激安の紙袋がありますが、この激安の紙袋は、普通の紙袋といったいどこが違うのでしょうか。結論から言うと、激安の紙袋と普通の紙袋に、特に品質上の違いはありません…

read